インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れについて

インプラント治療の流れについて

インプラント治療は一度の手術のみで終わるわけではなく、いくつかの大切なステップがあります。
虫歯、歯周病の治療、矯正治療、咬み合わせの治療を行う場合は、治療期間が長くなることがあります。しっかりとした手順を踏むことで、より安全で精度の高い治療が可能です。
一般的なインプラント治療の過程には次のような段階があります。

中野DCインプラントセンターが施すインプラントの術式は、
「即時荷重」を基本とします。

Nobel Biocare

当院では、口腔内のあらゆる状況に対応でき、また患者様が海外に転居された場合にも対応できるように、世界中で使用されているノーベルバイオケア社のインプラントをメインに扱います。

STEP 1 診査・診断

STEP 1診査・診断

治療前にお口の中の型どりや写真撮影・レントゲン撮影・CT撮影を行います。最終的な口腔状態の設計をするために、顎の骨の状態をしっかりと診査し、インプラント手術のための準備をします。

icon

STEP 2 一次手術

STEP 2一次手術

麻酔後、インプラントを骨の中に埋め込みます。手術直後に可能な限り仮歯を装着します。

icon

STEP 3消毒・抜糸

手術したところの消毒を行い、傷口の治りを確認します。手術日からおよそ1~2週間後に抜糸を行います。

icon

STEP 4 治癒期間

STEP 4治癒期間

手術後、インプラントが骨にしっかりと結合するまでじっくり待つことが必要です。一般的に上顎は4~6ヶ月、下顎は1~3ヶ月を目安にしますが、手術の難易度によりそれ以上の期間を要する場合もあります。その間は取り外しのできる仮の入れ歯を使っていただくこともあります。逆に骨の状態が良ければ、最短約3ヶ月で最終的な歯を入れることも可能です。必要があればそれまでの間にほかの歯の治療を進めていきます。

icon

STEP 5 二次手術

STEP 5二次手術

粘膜下のインプラント2回法の場合には、治癒期間終了後に粘膜を開けて、長さのある土台・部品に取り替える二次手術を行います。1回法の場合には不要です。その後、仮歯の型どりを行います。

icon

STEP 6仮歯装着

インプラントが安定したことを専用の器械で測定・確認後、固定式の仮歯を装着します。最終的な歯の製作に向けて仮歯を調整しながら、全体的な咬み合わせや歯の形を理想的に仕上げていきます。理想的な形が決まったら最終的な歯の型どりを行います。

icon

STEP 7 最終的な歯の装着

STEP 7最終的な歯の装着

仮歯の装着で得た情報をもとに、最終的な歯の製作・装着をします。咬み合わせや色・形をチェックして治療が完了します。

icon

STEP 8 メンテナンス

STEP 8メンテナンス

一生のお付き合いのはじまりです。きちんと管理していきましょう。治療が終わった後も、定期検査が必要です。理想は月に一度ですが難しければ3~6ヶ月に一度はメンテナンスにお越しください。天然歯同様、歯周病を起こします(インプラント周囲炎)し、抜ける恐れもあります。お引越しなどで転院される際は、紹介状を発行いたします。