インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れについて

インプラント治療の流れについて

インプラント治療は一度の手術のみで終わるわけではなく、手術後の治癒期間、仮歯作成など、いくつかのステップがあります。
しっかりとした段階を踏むことで安全性も高まり、治療後の快適な生活が可能になります。
インプラントの治療が終了するまでには平均4~9ヵ月かかります。
一般的なインプラント治療の過程には次のような段階があります。

STEP 1 カウンセリング

STEP 1カウンセリング

おひとりお一人の症状に応じた治療方法を診断し、提案します。あくまで患者さま本人の「考え」を尊重します。

icon

STEP 2 術前検査

STEP 2術前検査

歯型、顔写真、口腔内写真、歯周組織検査、顎運動測定、
CT撮影などを必要に応じて行います。

icon

STEP 3 一次手術

STEP 3一次手術

麻酔をしてから、顎を削り、インプラントを埋め込みいったん閉じます。1回法の手術の場合はこの段階でアパットメントをとりつけ手術を終了します。

icon

STEP 4 二次手術

STEP 4二次手術

2回法を選択した場合には、治療期間終了後、歯肉をあけて、アパットメントをとりつけ手術します。

icon

STEP 5仮歯装着

歯肉が治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着などを確認します。噛み合わせや強度に違和感があれば主治医と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。

icon

STEP 6 最終的な歯の装着

STEP 6最終的な歯の装着

仮歯の装着で得た情報をもとに、最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして製作します。製作した本歯を装着し、治療が完了します。

icon

STEP 7 メンテナンス

STEP 7メンテナンス

天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因となります。そのため、適切なブラッシング、定期健診(口腔内の状態のチェック、噛み合わせのチェック)が必要になってきます。

治療終了時が、新たなスタートです。この状態を何年も保つように、クリニックがあなたの口腔内を管理します。