それぞれの治療方法

入れ歯、ブリッジとの違い

入れ歯、ブリッジとの違い

第2の永久歯インプラントと入れ歯、ブリッジとの違いを、
歯を失った状況を照らし合わせてご説明いたします。

隣接する歯を1、2本失った場合のインプラント治療法

これまではブリッジ

ブリッジ

両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。
  • 床の部分が歯ぐきの上に乗っているので、痛くて硬いものが噛めない。
    健康な歯を削らなければならない。
  • 噛むたびに削られた歯に負担がかかり、傷みや
  • すい。
    歯根のない歯ぐきに刺激がいかないため、歯ぐ
  • きがやせてしまう。

これからはインプラント

インプラント

失った歯の部分にインプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。
  • 周りの歯に影響がない。
  • 歯ぐきにも刺激があるので、歯ぐきを健康に保てる。

歯を何本か失った場合のインプラント治療法

これまでは部分入れ歯

部分入れ歯

人工の歯を固定するために、金属のバネを隣接する歯にかけて固定します。
  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
    常に違和感がある。
  • 金属のバネが見え、見た目がよくない。
  • バネの間に食べ物がつまりやすく、歯磨きが難しい。

これからはインプラント

インプラント

人工の歯を自分の歯のようにインプラントで支えることができます。

インプラント体であるチタンは、時間とともに骨と結合するので、天然の歯とかわらない噛み心地が得られる。健康な歯に負担がかからず、見た目も機能も天然の歯とかわらない感覚が得られる。

全ての歯を失った場合

これまでは総入れ歯

総入れ歯

人工の歯をぐき全体にかぶせます。
かけて固定します。
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
  • 固定されていないので不安定で、硬いものが噛めない。
  • 入れ歯が舌をふさいでしまうので味が分かりにくい。
  • 食べ物が入れ歯と歯ぐきの間に挟まり、痛む。
  • 顎が痩せていくことが多く、年老いて見える。

これからはインプラント

インプラント

複数のインプラントを埋め込み、
人工の歯を固定します。
  • インプラントは顎の骨に固定されるため、ぐらつかない。
  • 天然の歯と近い感覚でものを噛んだり、味わうことができる。
  • 食べ物がほとんど挟まらない。
  • 天然の歯と同様の外観を保ち、しっかり噛むことで顎の骨がやせるのを防ぐので、年老いて見えない。

インプラント治療の様々な治療方法

骨が薄い、上顎の骨がない、歯槽骨の幅が薄い、埋めるだけの骨の幅や高さがない

そんな方の為のインプラント治療法を紹介します。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎にインプラントを挿入するスペースをつくるため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増やす方法です。

サイナスリフトの場合、1~3mmの空洞に対して行います。上顎骨は下顎骨に比べて骨吸収の量が多くなりがちで、インプラントを埋入する際に骨量が少ない場合に用いられる治療法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の骨がない場合に上顎へインプラントを埋入する技術のひとつです。上顎の骨には空洞(上顎洞)と言う骨のない部分があり、そこに骨の代わりになる充填材料を埋めることで今までインプラントが不可能だった部分へのインプラントの埋入が可能になります。

ソケットリフトの埋入が可能になります。ソケットリフトは、空洞が3~7mmの場合に行います。ただし、上顎洞炎(蓄膿症)や骨の状態等により手術が不可能な場合もあります。

GBR

GBR

インプラントを埋めたいのに、インプラントを埋めるだけの骨の幅や高さがない方に行う手術です。骨が足りていない部分へ骨の代わりになる充填材料を入れ、インプラントがしっかり骨で支えられるようにします。

ただ、GBRの手術を行っても、すぐに骨が出来るわけではありませんので、手術後半年~1年しないとインプラントが埋入できません。骨が足りない部分が少ない場合は、インプラントの埋入手術と同時に行うこともあります。

スプリットクレスト

スプリットクレスト

歯槽骨の幅が薄くて、インプラント埋入をすることが難しい場合に行う処置です。
骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入しながら、少しずつ骨幅を広げインプラントが埋入可能な状態にします。