他治療との比較

インプラント治療と従来の治療の違い

従来の治療

ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
虫歯がない歯を削ります。
失った歯の、両側の健康な歯を削ってブリッジを取り付けます。
入れ歯に異物感を感じて慣れません。
入れ歯は慣れるのに時間がかかり、支えている健康な歯と歯茎にも負担が大きくなります。
入れ歯が不安定で噛みにくくなります。
総入れ歯では、部分入れ歯以上に不安定で噛むのに苦労し、発音もしにくくなります。

インプラント治療

インプラント
インプラント
両側の健康な歯は削りません。

抜けた所へインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けます。
見た目にも自然です。

歯のない所へインプラントを埋め込みます。

入れ歯と違って金具が見えず天然の歯のように噛むことができます。
残った歯にも負担をかけません。

総入れ歯でも固定できます。

インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定します。
天然の歯のように食事が楽しめます。

インプラント・入れ歯・ブリッジ 比較表

インプラント、ブリッジ、入れ歯それぞれに、メリット・デメリットがあります。下記の比較表を参考にしてください。

インプラント ブリッジ 入れ歯 総入れ歯
イメージ インプラント ブリッジ 入れ歯 総入れ歯
対応方法 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯 を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を 留める方法。 取り外しの人工の歯を顎の上に載せる方法。
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合 全部の歯を失った場合
周囲の歯や顎の影響
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない。
  • 周囲の健康な歯を削る必要がある。
  • 周囲の健康な歯を削る必要がある。
  • 大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
  • 周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
  • 顎の骨がやせる。
審美 ご自分の歯に近い見た目。 保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目。 留め金が見える部分もある。 顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。
清掃 ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。 はずして義歯の洗浄をする。
治療期間 顎の状態によって異なるが、4ヶ月から1年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2ヶ月前後で装着。その後も調整必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2ヶ月前後で装着。その後も調整必要。 1~2ヶ月前後で作製装着。その後も調整必要。
デメリット
  • 簡単な手術が必要である。
  • 自費の治療となる。
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
  • 支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある。
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる。
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
  • 外出先などでも取り外しをしなければならない。
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる。
  • 異物感がある。
  • 食べ物が食べ辛い。
  • 硬いものが食べられない。
  • 浮き上がる、外れる心配がある。
  • 舌感が悪い、喋りにくい。
  • 外出先などでも取り外しをしなければならない。

※使用画像について:使用画像の一部は
(c)ノーベルバイオケア社より引用/無断転載厳禁
インプラント・審美歯科・歯医者検索のノーベルスマイル