CT診断・サージカルガイド

安全・確実な治療を行うために

安全・確実な治療を行うために

より安全・確実な治療を行うために、
CT診断に基づいた最善の治療計画をご提案します。

歯科用CTスキャンの登場によって、3次元立体画像での高精度な診断が可能になりました。インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。

安全・確実な治療を行うために

より安全で無理のない治療を進めるため、インプラント歯科専門医院では、CT撮影を行い、最先端のコンピュータシステムを駆使して、顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。

CT診断のメリット

CT診断のメリット

インプラント治療においては、顎の骨の硬さや形を調べることが重要になります。
従来のX線撮影ではそこまで判断できません。
また、CTで撮影した画像で、顎や鼻の病気、神経の位置まで把握できるようになりました。

サージカルガイドを用いたインプラント手術

ガイデッドサージェリーとは

  • 歯がない部分でインプラント手術を予定している部位をCT撮影します。
  • インプラントシミュレーションソフトを用いて、CT撮影から得られたデータを診断しコンピューター上で
    インプラントの位置を決定します。
  • この手術計画をもとにサージカルガイドを作製します。
  • インプラント手術では、このサージカルガイドを使用してドリルで骨に穴をあけ、インプラントを埋めます。
    コンピューター上でシミュレーションしたとおりの位置にインプラント本体が入ります。

この手術の方法を「ガイデッドサージェリー」といいます。

ガイデッドサージェリーの利点

  • インプラント本体の位置が非常に正確である。
  • フラップレス(歯肉にメスを入れない)で手術を行うことができる。
    それにより手術中、手術後の出血が非常に少ない。
  • 手術時間が非常に短く、手術後の痛みや腫れが少ないため、患者様の手術後の苦痛が大幅に軽減できる。
  • あらかじめ仮歯を作製できるため、手術した当日に仮歯を入れることができる。
  • 上記の理由により、高齢の方、全身疾患をお持ちの方でも、「楽に、安全に、正確に」手術を行えます。